条例案の質疑をする東原庠舎西渓校6年生=多久市議会議場

議案質疑を前に、サポート役の議員から助言を受ける子どもたち=多久市議会議場

条例案の議案質疑をする東原庠舎中央校6年生=多久市議会議場

子ども議会に参加した義務教育学校3校の6年生たち=多久市議会議場

条例案の議案質疑をする東原庠舎中央校6年生=多久市議会議場

 多久市の児童が議員を模擬体験する「子ども議会」が2日、市議会議場で開かれた。オンラインゲームの利用を制限する架空の条例案を議題に、義務教育学校3校の6年生8人が質疑や討論で考えを述べ、政策決定に至るまでの過程を学んだ。

 議会活動や市政に関心を持ってもらおうと市議会が昨年に続いて開いた。市執行部も協力し、横尾俊彦市長ら4人が質疑に応じた。

 架空の条例案は、市内の児童生徒を対象に夜間のゲーム利用を制限。違反した場合は、30日間の漢字や英単語の書き取り、ボランティア活動を義務付ける内容になっている。

 児童たちは議案質疑で、分からないことや疑問に思うことを指摘した。討論では賛成、反対の立場から「昼夜逆転の生活を見直し、学力の向上にもつながる」「罰則が重く、不登校になる恐れがある」などと主張した。

 東原庠舎(とうげんしょうしゃ)西渓校の江打かおるさんは「周りの意見に頼らずに、自分の考えをどう伝えるかを考えるきっかけになった」と話した。同中央校の井上真那さんは「自分と意見が違う人と議論することは少なかったので、いい経験ができた」と振り返った。

このエントリーをはてなブックマークに追加