灯籠やイルミネーションなどが幻想的な世界をつくり出す「光のバレンタインin飛龍窯」の昨年の様子=武雄市武内町

 6千個の灯籠やイルミネーションが幻想的な世界をつくり出す「光のバレンタインin飛龍窯」が8、9の両日、武雄市武内町の飛龍窯一帯で開かれる。食や氷の彫刻など多彩なイベントに続いて、夕方に来場者も参加して点灯する。市役所から無料シャトルバスを運行する。

 両日とも午後3時にイベントがスタート。同5時半に灯籠に火を付け、同9時ごろまで点灯する。

 今年の新企画は、世界大会優勝者の氷の彫刻ライブや西アフリカのドラム&ダンスや雑貨販売など。ピザや焼きマシュマロ作り体験、福岡のフレンチレストランシェフが武雄の食材を使ったスープやカレーを提供する窯内カフェ、ミニ灯籠作り体験のほか、ライブや横笛演奏などのステージイベントもある。

 駐車場がないため、市役所と会場を結ぶ無料シャトルバスを午後2時半から同9時半まで運行する。問い合わせは市商工観光課、電話0954(23)9237。

このエントリーをはてなブックマークに追加