3日午後7時45分ごろ、杵島郡白石町福田の国道207号で、同町遠江、農業の女性(79)が乗用車と軽ワゴン車にはねられ、全身を強く打つなどして、搬送先の病院で約3時間後に死亡した。

 白石署によると、現場は片側1車線の見通しの良い直線で、横断歩道はなかった。女性が道路を横断中、左から来た乗用車と衝突し、倒れた女性を後続の軽ワゴン車がさらにひいたという。女性は通夜からの帰りだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加