藤津郡太良町の佐賀県有明海漁協大浦支所の運営委員長が貞包保則氏(63)に決まった。前任の弥永達郎氏の急死に伴い、運営委員長が空席になっていた。任期は今年6月まで。

 漁協によると、大浦支所の運営委員9人による互選で選出した。貞包氏は2017年から運営委員を務めている。弥永氏は、防衛省の自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に関し、コノシロ(コハダ)漁への影響を懸念する大浦地区の漁業者のまとめ役だったが、昨年12月、出漁中に体調を崩して亡くなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加