「日本のルール、中国のルール~社会の視点でひもとく日中関係」をテーマにした講演会が、15日午後4時から唐津市大手口センタービル多目的ホールで開かれる。

 講師は九州大比較社会文化研究院准教授の益尾知佐子さん。九州大唐津地区同窓会(深川ひろみ会長)が市民公開講座として開く。

 現代中国の対外政策を専門とする益尾さんは「中華思想を持ち、世界覇権の構築にまい進すると言われる中国。歴史的にも交差点だった北部九州の地で、永遠の隣人、中国とのこれからの関係を考えたい」と話す。入場無料、申し込み不要。問い合わせは電話050(7124)3776。

このエントリーをはてなブックマークに追加