偽造防止対策が強化された新しいデザインの旅券の見本

 外務省は3日、新しいデザインの旅券(パスポート)への切り替えを4日の発給申請分から実施すると発表した。偽造防止対策を強化し、出入国スタンプを押す査証欄に葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」の作品を印刷した。土日祝日を除いて申請日から6日程度で交付される。

 日本を象徴する富士山を題材とした富嶽三十六景は世界的にも有名で、日本らしさも表現できるとの理由で採用した。山肌が赤く染まった巨大な富士山を描いた「凱風快晴(がいふうかいせい)」や、富士山に降りかかるかのような構図で大波を描いた「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」など、ページごとに異なる図柄を取り入れ、偽造を防ぐ。富嶽三十六景のうち10年用で24作品、5年用で16作品を使用している。

 内蔵するICチップも個人情報の不正取得や改ざん防止の機能を強化した。表紙の色やサイズに変更はない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加