新型肺炎やインフルエンザは、ウイルスの付いた手で口や鼻を触ることで感染する可能性があるが、正しい手洗いでリスクを大きく減らせる。厚生労働省などの資料を基にポイントを紹介する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加