唐津市の成人式が開かれた1月12日、市内の児童養護施設で育った古河沙希さん(20)を取材した。18歳で施設を離れてからの苦労話を聞き、その年頃の自分のことを思い返した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加