任期満了に伴う三養基郡基山町長選と杵島郡江北町長選は4日、告示される。基山町長選は現職と新人の一騎打ちになる見通しで、9日に投開票される。江北町長選は現職だけが出馬する予定で、無投票の公算が大きくなっている。

 基山町長選は現職の松田一也氏(62)=1期、長野=と、新人で前町議会副議長の久保山義明氏(53)=宮浦=が立候補を予定している。出陣式は松田氏が午前9時から、久保山氏が午前10時から、それぞれの事務所前で行う。立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで町役場3階で受け付ける。期日前投票は5~8日の午前8時半から午後8時まで町役場1階ロビーで実施する。

 江北町長選は現職の山田恭輔氏(51)=1期、佐留志=だけが出馬の準備を進めている。出陣式は4日午前8時半から、福岡九州クボタの江北アグリテクノセンター広場で開く。

 立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで町公民館で受け付ける。

 選挙人名簿登録者数は3日現在、基山町が1万4591人(男性6925人、女性7666人)、江北町は8004人(男性3717人、女性4287人)。

このエントリーをはてなブックマークに追加