福井県の建設会社側から現金100万円を受け取った問題で、東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長(63)は3日、続投を表明した。会見で謝罪を述べた後、続投判断の経緯や信頼回復への思いなどを語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加