続投の決め手は「後援会の方針」と「町民の応援」だった。原発関連業者からの現金受領発覚から10日余りの会見で、引き続き町政を担う意志を示した東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加