3日午前9時5分ごろ、長崎県壱岐市の海豚鼻灯台の南南東約7kmの沖合で、「ゴムボートが転覆、漂流している」と漁船の乗組員から118番があった。巡視船艇2隻やヘリなどで周辺海域を約4時間半捜索したが、人や漂流物などは確認できなかった。

 唐津海上保安部によると、ゴムボートは長さ約5・45メートル、幅約2・45メートル。船体は白色で「HUNTER MARINE」の表記があった。乗っていた人がいなかったか調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加