伊万里市の小学生による学校対抗のかるた大会が1日、松島町の市民センターで開かれた。市内の名所や歴史文化を題材にした「観光いろはかるた」を使い、9校14チームで争った。 1チーム3人が向かい合い、「光る宝 黒曜石は 腰岳に」「里の小路の小笹生垣」と読み上げられると、素早い手つきで絵札を取り合った。