佐賀北

 大島 萌花(おおしま・もえか)女子バスケ部キャプテンを務め、県総体でチームを3連覇に導いた。「心身共に寄り添う母のような看護師になりたい」と看護専門学校に進学する。佐賀市西与賀町。(普通科)

 月岡 真珠(つきおか・まじゅ)陸上部でインターハイに連続出場を果たした。幅広い視野を持ちたいと西南学院大国際文化学部に進学。「二人三脚で共に歩んでくれた父に感謝」。小城市小城町。(普通科)

 古川 隼(ふるかわ・はやと)遠距離通学の中、勉学と野球を両立し、入学時から目指した甲子園出場を果たした。「運動の楽しさを子どもたちに伝えたい」と福岡教育大に進学する。嬉野市嬉野町。(普通科)

 松岡 郁弥(まつおか・ふみや)サッカー部主将として県総体ではチームの優勝に貢献した。Jリーグを目指し、中京大スポーツ科学部に進学する。「支えてくれた家族、ありがとう」。佐賀市若宮。(普通科)

 山下 敦子(やました・あつこ)さが総文の副実行委員長を務め、人の意見を聞いてまとめる力を身に付けた。佐賀大教育学部に進学。「両親のような子どもに寄り添う教師を目指す」。佐賀市大和町。(普通科)

 山本 有流(やまもと・ある)空手部で副主将を務め、学業では3カ年皆勤。文武両道を貫いた。「高校時代に夢中になった数学を生かす仕事をしたい」と国立大理系を目指す。佐賀市開成。(普通科)

 横尾 勇作(よこお・ゆうさく)県総文祭の絵画の部で1席に輝く。「自分の中の美を追究するアーティストになりたい」と、国立大美術系を志望。佐賀市本庄町。(芸術科)

 =通信制=

 上村 裕香(かみむら・ゆうか)高校生のビジネスプランを競う全国大会ではトップ100に選ばれた。「社会問題を軸とした小説を書く執筆者を目指す」と話し、京都造形芸術大に進学する。佐賀市西与賀町。

 川浪 綾乃(かわなみ・あやの)ボランティア活動や自身の経験を通して「社会からこぼれ落ちている人の、第三の居場所をつくる人になりたい」。佐賀大芸術地域デザイン学部に進学する。武雄市武雄町。

佐賀商

 小田 彩樹(おだ・あやな)書道部部長。学校と部活に加え、専門学校に通い資格取得に向けて努力した。佐賀県(教育行政)に入庁し「教育環境をよくできるように努めたい」。佐賀市大和町。(商業科)

 古賀 愛唯(こが・あゆ)計算事務部の副部長。珠算の九州大会では個人で優秀賞を受賞した。修学旅行のスキー研修が思い出。佐賀銀行に入行し「信頼される行員になる」。佐賀市西与賀町。(商業科)

 品川 愛(しながわ・まなみ)簿記部に所属し、全国簿記コンクール県予選で団体と個人で1位に輝く。「信頼される人になりたい」と公認会計士を目指し、長崎大経済学部に進学。多久市北多久町。(商業科)

 居石 錬成(すえいし・れんせい)水泳部でJOCジュニアオリンピックカップに出場。鹿屋体育大体育学部に進学し「全国大会や世界で活躍する選手になりたい」。夢は体育教師。佐賀市本庄町。(商業科)

 田中 龍馬(たなか・りょうま)柔道部の副部長で、3年時の全国総体で優勝した。「強さだけでなく人間性の大切さも学んだ」。高校教諭を目指して筑波大体育専門学群に進学する。佐賀市六座町。(商業科)

 宮原 京加(みやはら・きょうか)速記部部長。全国高校選抜速記競技大会と全国速記競技大会で団体・個人優勝に輝いた。「最後の全国大会はやりきった」。凸版印刷に就職。武雄市山内町。(情報処理科)

 代居 和海(よすえ・まさみ)陸上部のハンマー投げで九州大会に出場。学業と部活を両立し、トップクラスの成績を収めた。「最高の3年間だった」。理研農産化工に就職。佐賀市西与賀町。(情報処理科)

 =定時制=

 川口 碧(かわぐち・あお)アルバイトと学業を両立し、皆勤。飲食店経営などを手掛けるブルームダイニングサービス(愛知県)に就職し「早く一人前になって認められたい」。佐賀市若宮。(総合文化科)

 角田 龍哉(すみだ・たつや)生徒会副会長や卓球部部長を務めた。部活では全国大会に出場した。「充実した高校生活だった」。佐賀コンピュータ専門学校に進学する。大町町。(総合文化科)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加