激しいタックルでチームの勝利に貢献した佐賀工高出身のクボタHO大塚健太郎=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 明治大から今季新加入したクボタのフッカー大塚健太郎(佐賀工高出身)が、地元で凱旋(がいせん)出場を果たした。両親や恩師が見守る中でプレーし、「高校を卒業して、佐賀でまだ試合をしたことがなかったのでうれしい」と語った。

 29-0とリードした後半27分から途中出場。「佐賀工高出身」とアナウンスされると会場から大きな拍手が送られた。「普段通りの役割をちゃんとやっていこう」と、フッカーとしてスクラムなどセットプレーの安定や鋭いタックルを心掛け、完封勝利に貢献した。「チームとしてやってきたことを試合に出せて良かった」と振り返った。

 小学5年の頃、佐賀ジュニアラグビークラブ(佐賀市)で競技を始め、佐賀工高時代はナンバー8で活躍した。大学から転向したフッカーのレギュラーポジションは現在、明治大の先輩杉本が担っているが、「いずれは自分がスタートで出られるように頑張っていきたい」と成長を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加