鳥栖工

 小田 龍魔(おだ・りょうま)資格取得に挑戦しジュニアマイスターゴールドを取得。技能士の検定で知事長を受賞。「バスケットボール部で友情を育んだ」。戸上電機製作所に内定。鳥栖市浅井町。(機械科)

 杉 彩文海(すぎ・さふみ)駅伝部で1年の時から都大路を走り、成績も優秀。明治大へ進み箱根駅伝出走を目指す。「グラウンドのトイレ掃除を3年間続けたのが思い出」。うきは市吉井町。(電子機械科)

 能塚 彩斗(のうつか・さいと)ソフトテニス部を頑張り、引退後の夏休みから1日12時間の猛勉強で佐賀大への進学を決めた。「1級建築士になって小郡のシンボルを作りたい」。小郡市津古。(建築科)

 松田 哲郎(まつだ・てつろう)生徒会長で成績もトップクラス。創立80周年式典での生徒代表あいさつが思い出深い。トヨタ自動車に内定。「自動車産業を支える技術者になりたい」。鳥栖市永吉町。(機械科)

 森田 碧(もりた・あおい)測量部部長。努力家で県大会の測量部門2位など好成績を収め、難しい測量士補の資格を取得した。大分市役所に内定。「公務員として地域発展に貢献したい」。上峰町。(土木科)

 吉岡 昂馬(よしおか・こうま)文武両道を追い求めた3年間。野球部の4番を務め、成績優秀者賞に輝いた。登下校中は友人とごみ拾いをし「心が磨かれた」。九州電力に内定。神埼市神埼町。(電気科)

=定時制= 

 前間 裕太(まえま・ゆうた)第一種電気工事士資格を取得。バスケットボール部主将として全国定通制大会に2年連続出場した。「高校で積極性が増した」。戸上デンソーに内定。鳥栖市姫方町。(電気科)

 早川 知希(はやかわ・ともき)早朝のアルバイトを終えてから勉強し、計算技術検定3級などの資格を取得した。サンポー食品(基山町)に内定。「何事も率先して取り組みたい」。鳥栖市西田町。(機械科)

 石橋 真由美(いしばし・まゆみ)学業とアルバイトを両立させ、県の定通総体3000メートルで優勝。IHミートソリューション(鳥栖市)に内定。「あっという間の4年間。親孝行したい」。鳥栖市宿町。(普通科)

 

伊万里商

 犬塚 優花(いぬつか・ゆか)努力家でホッケー部の主将を務めた。3年生最後の大会で九州を制したことが一番のいい思い出。「困っている人を助けたい」と陸上自衛隊へ。伊万里市二里町。(情報処理科)

 斉藤 来夢(さいとう・らいむ)生徒会役員や家庭部の部長を務めた。日商簿記2級を取得。「毎日が充実して本当にあっという間の3年間だった」。日本郵便九州支社で働く。伊万里市新天町。(商業科)

 中島 樹里(なかしま・じゅり)生徒会長。飾らない人柄で誰からも慕われた。「台湾研修で現地の同世代と交流したのが思い出深い」。長崎大経済学部に進学。公務員を目指す。伊万里市南波多町。(情報処理科)

 前田 蒼空(まえだ・そら)高度な情報処理技術を身に付け、全国競技会で優良賞を獲得した。麻生情報ビジネス専門学校で学びを深め、「アプリやAIの開発に携わりたい」。伊万里市南波多町。(情報処理科)

 松尾 知歩(まつお・しほ)何事にも前向きに取り組み、難関の日商簿記2級などを取得した。JR九州に就職。「仕事もプライベートも一生懸命にやって毎日を楽しみたい」。伊万里市大坪町。(商業科)

 松本 要(まつもと・かなめ)責任感が強く、野球部や体育祭でリーダーシップを発揮。「公式戦で勝てず苦労したことも含め、楽しかった」。エヌ・ジェイ・アール福岡に就職。伊万里市波多津町。(商業科)

 吉田 天馬(よしだ・てんま)陸上400メートルで北九州大会、男女混合マイルリレーで日本選手権に出場した。日鉄物流八幡に就職。「立派な社会人になって親孝行したい」と話す。伊万里市東山代町。(商業科)

=定時制= 

 谷口 悠樹奈(たにぐち・ゆきな)介護の仕事と学業を両立させた。「定時制の文化祭を企画し、みんなで準備したことが楽しかった」。病院で働きながら伊万里看護学校で学ぶ。伊万里市黒川町。(商業科)

このエントリーをはてなブックマークに追加