選手宣誓をする笠原大輔さん=多久市中央公民館

 第60回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催)に出場する多久市チームの結団式が1日、多久市中央公民館で開かれ、個人、チームの目標に向かって全力を尽くすと誓い合った。

 小野茂市体協会長、横尾俊彦市長らが「人知れず重ねてきた努力を信じ、多くの人の胸を打つ走りを期待する」と激励した。選手を代表して東原庠舎東部校9年(中学3年)の笠原大輔さんが「地域に貢献できるよう走り抜く」と宣誓した。

 チームは前回12位。長年下位に位置しているが、地道な育成、強化で底上げを図ってきた。岸川隆監督(54)は「1秒を大切に全員で戦い、躍進を目指す」と決意表明した。大会は14~16日に開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加