選手宣誓する森太一選手=上峰町民センター

 第60回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催)に出場する三養基郡チームの結団式が1日、上峰町民センターで開かれた。選手や関係者ら約50人が出席し、昨年を上回る6位以内の成績を目指して健闘を誓い合った。

 式では、上峰町の野口敏雄教育長が「皆さんの走る姿を見てエネルギーをもらう人はたくさんいる。健闘してほしい」と激励。三養基郡陸上競技協会の原俊之会長が「けがや風邪に注意して大会に臨み、1秒でも早くたすきをつないでほしい」と期待した。

 大久保裕治監督は「昨年まで3年連続の7位。今年こそは6位以内を目指す」と決意表明。エースの森太一選手が「応援してくれる方々に活力を与えられるよう、チーム一丸となって最後まで戦い抜く」と選手宣誓した。

 大会は14日午前9時、三養基郡チームの地元である基山町役場前をスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加