■佐賀工

 井手野 航大(いでの・こうだい)学年唯一の剣道部員。「一人で行う準備や片付けに苦労したが、いい経験になった」。幼い頃から物作りが好きで、トヨタ紡織九州に就職する。佐賀市三瀬村(電気科)

 高祖 拓実(こうそ・たくみ)若年者ものづくり競技大会で最優秀賞を受賞し、人の支えを実感した。西鉄エンジニアリングに就職し、「人身事故を減らす対策に取り組みたい」。神埼市千代田町。(電気科)

 近藤 隼斗(こんどう・はやと)柔道個人60キロ級でインターハイ2連覇を達成。忙しい中、勉強にも熱心に取り組んだ。国士舘大に進み、「五輪と世界選手権で金メダルを目指す」。武雄市武雄町。(機械科)

 末竹 美鈴(すえたけ・みすず)消極的な自分を変えたくて、さが総文文芸部門副委員長に立候補。「多くの人と関わり、人間的に成長できた」。佐賀県の建築技術職員として働く。佐賀市水ケ江。(建築科)

 中村 文哉(なかむら・ふみや)文化祭では、自ら製作した綿菓子機で子どもを笑顔にした。戸上電機製作所に入社し、現代の名工を目指す。「両親の後を継いで、兼業農家もしたい」。武雄市朝日町。(機械科)

 西 康介(にし・こうすけ)部活と社会人クラブでバドミントンに熱中した。田中電子工業に就職。「少しでも早く一人前になり、母子家庭で育ててくれた母親に恩返ししたい」。佐賀市水ケ江。(電子情報科)

 三良 熙三郎(みよし・きさぶろう)ラグビー部主将として茨城国体準優勝に貢献。日本大に進んで競技を続けつつ、教養を身に付け、「人として模範にされる消防士」を目指す。熊本県玉名市。(電子情報科)

 定時制 

 坂井 蓮(さかい・れん)文化芸術部で人物写真を撮影。「最初は撮影先でモデル探しに苦戦したが、徐々に会話も楽しくなった」。イーエレクスに就職し、都市高速の照明に携わる。佐賀市駅南本町。(電気科)

 吉村 紘貴(よしむら・ひろき)野球部で投手として活躍。マウンド上では高い緊張感を味わえた。トレーを製造するエフピコに就職する。「職場には自分で弁当を作って行きたい」。佐賀市鍋島町。(機械科)

 

■唐津商

 伊藤 太陽(いとう・たいよう)生徒会長。成績は常に上位で、日商簿記2級を取得。佐賀大経済学部に進む。県内高校で商業科目を教えるのが夢。「簿記の楽しさを教えられたら」。唐津市浜玉町。(会計科)

 大森 涼奨(おおもり・りょうすけ)水泳部で、3年時に全国高校総体50メートル自由形で3位に入賞した。福岡大スポーツ科学部に進む。将来は「教員として選手育成に関わりたい」。唐津市西唐津。(商業科)

 隈本 早紀(くまもと・さき)学校行事に積極的で体育祭の応援リーダーを務めた。公務員を目指し人一倍努力し、佐賀県の警察事務に合格。「どんな仕事もこなす事務員になりたい」。唐津市浜玉町。(会計科)

 栗山 史帆(くりやま・しほ)成績優秀で、全商検定1級6種に合格した。唐津看護専門学校で学びながら済生会唐津病院で看護助手として働く。「学校と仕事の両立を頑張りたい」。唐津市浦。(会計科)

 榊原 舞(さかきばら・まい)ソフトボール部の練習に励み、全商簿記1級も取得した。「お弁当を囲んで友達とおしゃべりした思い出が大切」。川崎重工業で働く。唐津市浜玉町。(商業科)

 寺田 鈴佳(てらだ・れいか)日商簿記2級に合格。バドミントン部でエースとして、体育祭で応援リーダーとして活躍した。唐津信用金庫に就職。「資格を生かして頑張りたい」。唐津市肥前町。(会計科)

 堀川 蒼(ほりかわ・あおい)陸上部主将。3年時に400メートルで九州大会7位に入った。団長を務めた体育祭での優勝が思い出。「3年間で成長できた」。デンソー(愛知県)に就職。唐津市唐房。(会計科)

 定時制 

 井上 祭(いのうえ・まつり)皆勤。勉強熱心で、特に英語に力を入れた。全商簿記2級を取得。伊万里市の三光で印刷関係の仕事に就く。「早く一人前になりたい」。唐津市二タ子。(商業科)

 坂本 要(さかもと・かなめ)生徒会長でリーダーシップを発揮した。小論文対策を頑張り、福岡大第二部商学科に合格。「これからの日本経済に対応できる銀行員を目指す」。唐津市神田。(商業科)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加