緑豊かな自然の大切さを伝える「森の教室」が1月28日、鹿島市音成の七浦保育園で開かれた。35人の園児たちが、キャラバン隊による劇やドングリをまく体験を通じて、森の大切さを学習した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加