育てた綿を使って糸を紡ぐ授業が1月31日、佐賀市大和町の大和特別支援学校で開かれた。高等部2年の40人が手作りの糸繰り車に綿をかけて糸にした。肌触りの良い綿に触れ、生徒たちから笑みがこぼれた。 生徒たちは昨年5月に校内の畑に種まきし、秋に綿を収穫した。授業では成長過程の写真を使って振り返った。