タクシー運賃が1日から全国25都道府県の48地域で値上げされる。人手不足が深刻な運転手の待遇改善が目的。消費税増税分を上乗せした昨年10月の運賃改定に続いての改定になる。

 国土交通省は昨年12月に新運賃を公示した。値上げ幅は各地域で異なり、初乗り運賃の引き上げや、走行距離に応じた運賃の加算距離短縮などが目立つ。近距離移動の「ちょい乗り」需要を掘り起こすため「2キロで740円」の初乗り運賃を「1・2キロで500円」に改める地域もある。佐賀県内は初乗り運賃(1・5キロ)を650円から80円引き上げ、730円になる。

 タクシーは全国99地域ごとに運賃体系が定められ、改定には国に申請し、認められる必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加