義足がどれだけ強力に固定されているか、引っ張って確かめる児童たち。左は講師の山下千絵選手=佐賀市の西与賀小

 健常(けんじょう)者の体験用に開発されたスポーツ義足(ぎそく)を使った授業(じゅぎょう)「ユニバーサル・ラン」が1月23日、佐賀市の西与賀(にしよか)小(大木(おおき)貴博(たかひろ)校長)で開かれました。6年生48人が義足での歩行を体験し、障害(しょうがい)者との共生について理解(りかい)を深めました。
 東京パラリンピックに陸上での出場を目指している山下(やました)千絵(ちえ)選手(22)=法政大(ほうせいだい)=が講師(こうし)を務(つと)めました。児童らは健常者用のスポーツ義足を装着(そうちゃく)すると、慎重(しんちょう)に体重を乗せ、踏(ふ)みしめるように歩いたり、義足を着けた足だけでジャンプしてみたりしました。「すごい跳(は)ねる」と、バランスを崩(くず)してよろける場面もありましたが、慣(な)れない感覚に笑顔(えがお)。「上から空(あ)き缶(かん)を踏みつけるようにやってみて」という山下選手のアドバイスを受け、軽快(けいかい)に走る児童もいました。
 その後の座学(ざがく)で児童らは、「階段(かいだん)の上り下りはできますか」「車に乗れますか」などと山下選手に疑問(ぎもん)を投(な)げ掛(か)けると、山下選手は「できます」と回答。障害があっても、道具の使用や工夫(くふう)を凝(こ)らすことで、健常者と同じように生活できると強調しました。
 瀬戸(せと)小夏(こなつ)さんは「(義足は)バランスを取るのが難(むずか)しかったけど、すごく楽しかった」と笑顔を見せた。飯盛(いさがい)弘人(ひろと)さんは「明るく話されていた山下さんを見て、障害がある人のイメージが変わった」と話しました。(1月25日付16面)

このエントリーをはてなブックマークに追加