来館30万人目を祝うくす玉を割り、笑顔を見せる馬渡真衣さん(右)と下田真由さん=佐賀市青少年センター

 佐賀市青少年センターの来館者が20日、同市松原に移転(いてん)して累計(るいけい)30万人(まんにん)を突破(とっぱ)し、30万人目となった佐賀女子高1年の馬渡(まわたり)真衣(まい)さんと下田(しもだ)真由(まゆ)さんに認定証(にんていしょう)と記念品が贈(おく)られました。
 同センターは2016年10月、同市成章町の勧興小(かんこうしょう)の東側から佐賀バルーンミュージアム3階に移転しました。青少年が勉強や卓球(たっきゅう)、音楽、料理、話し合いなどができる居場所(いばしょ)として運営(うんえい)しており、悩(なや)みの相談も受け付けています。
 一緒(いっしょ)に訪(おとず)れた2人はくす玉を割(わ)った後、佐賀市教委から認定証を受け取りました。記念品のバッグの中には佐賀バルーンミュージアムの招待券(しょうたいけん)、バルーンフェスタのピンバッジ、文房具(ぶんぼうぐ)などが入っていました。
 下田さんは「うれしいし、驚(おどろ)いた。高校生になって友人から教えてもらい来るようになった」と笑顔(えがお)を見せ、馬渡さんは「部活帰りに週2回は寄(よ)っている。勉強の合間に卓球をして気分転換(てんかん)ができる。家の近くにはない施設(しせつ)なので、これからも利用していきたい」と満足げでした。(1月23日付18面)
 

このエントリーをはてなブックマークに追加