九州農政局が発表した2018年の農業産出額によると、佐賀県は1277億円で前年比2・6%減となった。畜産分野が前年より伸びた一方、価格低下などで野菜が1割マイナスとなった。このため、県が産出額アップに取り組む園芸分野も落ち込んだ。九州全体も同様の傾向で、産出額は2・7%減少し1兆7856億円だった。