佐賀県警

 佐賀県警は31日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、県内警察署の課長の50代男性警部を佐賀地検に書類送検した。県警は同日付で警部を停職1カ月の懲戒処分とし、警部は依願退職した。県警職員が酒気帯び運転に関して懲戒処分を受けたのは本年度3人目。

 県警監察課によると、警部は1月4日午後1時~午後6時ごろまで、県内のパチンコ店で、ウイスキーと炭酸水をペットボトルに入れてつくったハイボールを計1リットル飲み、約2キロ離れた自宅まで乗用車を運転して帰宅した。男性客からの通報を受け、警察官が調べると、警部から呼気1リットル中0・05ミリグラムのアルコールを検出。0・15ミリグラムの基準値を下回っていたが、アルコール量などを加味した計算法で調べると、運転時は上回っていた可能性があるとして摘発に至った。

 警部は、タクシーで帰宅するつもりで飲酒したといい、「大して飲んでいないから大丈夫だろうという気持ちで運転してしまい、警察官としての認識が甘かった。迷惑をかけ申し訳ない」と話しているという。

 石橋憲茂首席監察官は「県民一体となって交通事故抑止に取り組んでいる中、警部という立場でこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で重く受け止めている。再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。本年度、懲戒処分を受けた県警職員は5人に上り、県警は2月から、鈴木知広警務部長らと県内各署の幹部で不祥事防止に向けた検討会を開くとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加