県内一周駅伝大会の唐津・玄海チームの結団式で選手宣誓する山崎貴史選手=唐津市文化体育館

 14~16日に行われる第60回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催)の唐津・玄海チームの結団式が1月30日、唐津市和多田の市文化体育館で開かれた。選手やコーチなど約40人が出席し、5位以内を目指して健闘を誓った。

 式では、唐津市の阿蘇靖則未来創生部長や玄海町の西立也副町長らが「強いチームはたくさんいるが、ワンチームとなって頑張ってほしい」と激励。選手を代表し、山崎貴史選手(28)が「令和という新しい時代にたすきをつなげることに感謝し、選手とスタッフが一致団結して走り抜く」と宣誓した。

 最近3大会の結果は3位、5位、6位と下降気味。小西政徳監督(55)は「『速い』ではなく『強い』チームと言われるような走りを見せたい。5位以内を目指して頑張る」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加