厳木

 江島 隼人(えじま・はやと)普段から通学路や駅のごみ拾いを心掛けた。新潟県への修学旅行でのスキーが思い出。春から唐津プレシジョンで働く。「早く仕事を任せられる社会人になる」。小城市小城町。

 江藤 夏歩(えとう・かほ)総文祭弁論部門の副実行委員長として活躍。他校との交流を通して「人前で自分の意見が言えるよう成長できた」。保育士を目指し、福岡こども専門学校に進む。唐津市湊町。

 黒田 晴登(くろだ・はると)成績優秀。思い出は修学旅行で初めて行ったディズニーシー。多久市の佐賀県畜産公社で食肉の加工に携わる。仕事を通じ「いろんな人と関わっていきたい」。多久市東多久町。

 本田 小稀(ほんだ・さき)文武両道。アーチェリー部では人一倍努力し、3年時には国体に出場した。専門学校緑生館に進み、看護師を目指す。「人の心もサポートできるようになりたい」。唐津市浜玉町。

 増本 尉江(ますもと・やすえ)成績は常に上位。生徒会副会長として関わった体育祭の運営では裏方の仕事の大切さを学んだ。宮島醤油で働く。「積極的に働き、信頼される社会人になりたい」。唐津市町田。

 宮崎 勇斗(みやざき・ゆうと)アーチェリー部主将を務め、2年時は国体3位に入った。「部活漬けの3年間だった」。福岡大スポーツ科学部に進学し、競技を続ける。高校体育教師を目指す。唐津市原。

 村中 花菜子(むらなか・かなこ)食肉惣菜創作発表会に県代表として出場した。唐津看護専門学校で学びながら城内病院で看護助手として働く。「患者の心身のケアができる看護師を目指す」。唐津市元石町。

 

唐津青翔

 出口 揚崇(いでぐち・あきたか)生徒会長として学校行事を引っ張った。唐津看護専門学校に通いながら、虹と海のホスピタルに勤める。「患者に安心した時間を提供できる看護師になる」。唐津市熊原町。

 小西 康友(こにし・やすとも)野球部主将。2人にまで減った部員も最後の大会前には11人に増え、出場がかなった。「大会に出場できたことが一番の思い出」。唐津市のワイビーエムに就職する。玄海町。

 永井 もも花(ながい・ももか)3年間皆勤賞で、商業系の資格も多数取得。体育祭ではリーダーを務めた。広島県のイズミに就職。「生活が変わるので、自立した大人になりたい」。唐津市呼子町。

 永野 孝子(ながの・たかこ)入学してから始めた書道は、楽しさが分かるほど上達した。特別養護老人ホーム玄海園で介護職として働く。「利用者に安心を与えられるよう頑張る」。唐津市呼子町。

 中村 文洋(なかむら・ふみひろ)バスケットボール部に所属。副主将としてチームをまとめ、最後の県大会でベスト16に進出した。「食品作りに携わりたい」と、唐津市の宮島醤油に就職する。玄海町。

 中村 水都(なかむら・みなと)バスケットボール部のマネージャーとして選手を支えた。イラストレーターを志し、日本デザイナー学院九州校に進学、「仕事としてイラストを描きたい」。唐津市富士見町。

 渡邊 千尋(わたなべ・ちひろ)美術部に所属。主に油絵を描き、総文祭では3年間とも全国や九州で特選に選ばれた。「画家になるのが夢。知識や技術を学びたい」と芸術系の大学に進学する。唐津市肥前町。

このエントリーをはてなブックマークに追加