ラグビーの第52回日本選手権最終日は28日、東京・秩父宮ラグビー場で決勝が行われ、佐賀工出身の大田尾竜彦選手と五郎丸歩選手擁するヤマハ発動機が15-3でサントリーを破り、初優勝を果たした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加