四つの国家資格に合格した佐賀農高3年の田口颯斗さん=白石町の同校

 佐賀農高(白石町)3年の田口颯斗さんが在学中に、造園関連の四つの国家資格に合格した。2011年に開設した同校の環境工学科環境デザインコースで四つの資格に合格した生徒は初めてで、田口さんは「過去問をひらすら解いた。今までやってきた努力が報われた」と喜ぶ。

 三級造園技能士、三級園芸装飾技能士、測量士補の三つの資格を取得。さらに二級造園施工管理技術検定の学科試験(実地試験は実務経験3年が必要)に合格した。いずれも合格率は3~4割ほどという。

 田口さんは学校のカリキュラムにある早朝の特課授業に加え、放課後の時間を使い、勉強に励んできた。担任の米倉英史ひでしさん(52)は「負けん気があり、まじめにこつこつ取り組んでいた」と振り返る。

 幼い頃から日本庭園を見るのが好きだったという田口さん。佐賀市の久保造園に就職予定で「将来は、日本独特の文化を持った庭園を自分の手で造りたい」と意欲を見せる。

このエントリーをはてなブックマークに追加