ソメイヨシノを植樹する生徒たち=佐賀市大和町の道の駅そよかぜ館

 佐賀大和ロータリークラブ(川浪生大会長)と佐賀市の高志館高環境緑地科緑地デザインコースの3年生が28日、同市大和町の道の駅そよかぜ館に、ソメイヨシノ4本を植樹した。生徒たちの卒業記念も兼ね、会員約15人と生徒16人が汗を流した。

 同クラブの社会奉仕事業の一環で、今年で21回目。生徒たちは指導を受けながら、持参したスコップで作業した。支柱を設置し、風が吹いた時に倒れないように、何度も土を上から押しつけていた。

 川浪会長は「学生最後の思い出となるので、精いっぱい楽しんで頑張って」とあいさつ。4月から県内の造園業者で働く徳永雅也さんは「学生生活のいい思い出になった。見に来た時に満開の桜が咲いていてほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加