多久市の中央小(太田春美校長)の6年生115人が25日、木工用ボンドを使った「ボンドアート」に挑戦した。卒業制作の一環で、児童は色鮮やかな作品を作り上げ、満足そうな笑顔を見せていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加