佐賀県は建設工事に関し、発注や施工時期の平準化を図る取り組みを始めた。導入したのは、発注者が指定する期間内で、受注者が工事開始日などを柔軟に選択できるようにする「余裕期間制度」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加