31日にオープンする「資さんうどん鳥栖真木店」と来店を呼び掛ける篠原店長=鳥栖市真木町

 「資(すけ)さんうどん」の佐賀県内2号店が31日、鳥栖市にオープンする。県道17号線の真木町交差点そばで交通の便が良いものの周辺にはうどん、ラーメン店といった同業者が並ぶ激戦区で、隣接する久留米・筑後エリアからの集客も見込む。

 福岡、佐賀、山口3県で店舗を展開する「資さん」(本社・北九州市)の佐藤崇史社長は「地域のうどん文化が盛り上がればと思う。共存共栄を目指したい」と期待を寄せる。

 昨年7月、佐賀市に佐賀開成店を開店した。グーグルの2019年都道府県別検索ランキングで佐賀県の第5位に「資さんうどん」が入ったため、佐賀県内の需要は高いと判断し、鳥栖市への出店を決めた。

 鳥栖真木店の篠原徹店長は佐賀開成店で店長研修を受けて備えてきた。当日は午前10時に開店し、2月2日までの3日間は500円(税込み)以上の食事をするとオリジナルエコバッグをプレゼントする。

 24時間営業で年中無休。座席数は88席で駐車場は55台分を確保する。うどん、丼など100種類以上のメニューがあり、北海道産あずきを100%使用したぼた餅も人気がある。問い合わせは電話0942(50)5105。

このエントリーをはてなブックマークに追加