佐賀県は29日、北部児童相談所(唐津市)の職員が要保護児童の個人情報を記載した文書を無関係の個人宅に誤ってファクスで送信したと発表した。受信した個人からの連絡で発覚し、文書は回収した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加