【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は29日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、新型肺炎は先行きの不確実性の要因になると説明し「状況を注視する」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加