中国・武漢から帰国した患者の容体について記者会見する荏原病院の芝祐信副院長(左)と駒込病院の今村顕史感染症科部長=29日午後、都庁

 厚生労働省が入る中央合同庁舎

 中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎患者が拡大している問題で、現地滞在の邦人206人が29日、日本政府のチャーター機で帰国した。厚生労働省や東京都によると、13人に発熱やせきなどの症状があり、12人が入院した。うち5人は新型コロナウイルスの検査で陰性と判明した。

 政府によると、退避予定の邦人は残り約440人。チャーター機第2便は29日夜に日本を出発した。

 206人は全員が日本国籍で、男性185人、女性21人。2人を除く全員について新型コロナウイルスかどうか検査。3人は帰宅し、入院した人以外は結果判明まで千葉県内のホテルに滞在する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加