【ワシントン共同】米下院本会議は28日、中国チベット自治区での人権弾圧を批判し、人権や宗教の自由を擁護する法案を賛成多数で可決した。中国側の反発は必至。

このエントリーをはてなブックマークに追加