懐かしの歌を楽しんだ歌声コンサート=佐賀市松原の新馬場会処

 佐賀市松原の新馬場通りの活性化に取り組む「佐賀ん町屋ば甦らす会」(川松広栄会長)は23日、佐賀市松原の新馬場会処(旧井徳屋旅館)で歌声コンサートを開いた。えびすFMのラジオ番組「それゆけ!新馬場」の放送100回目を祝い、懐かしの歌を楽しんだ。

 会のメンバーらが三味線やギターで伴奏し、番組のテーマソングの佐賀民謡「万才くずし」や「上を向いて歩こう」など9曲を、体を揺らしながら歌った。

 会は2005年に結成し、明治期に建てられた旧井徳屋旅館をイベントホールとして活用している。えびすFMが開局した12年から、新馬場通りの情報や活動について発信しており、メンバーの川松範子さん(61)は「新馬場通りの話だけで100回続いてきた。歴史や思い出話など、それだけ話題のある場所」と話した。

 次回の放送は2月4日午後7時から。小城市小城町を舞台に歴史映画を撮影した田中正照監督をゲストに招く。

このエントリーをはてなブックマークに追加