講演する連合の神津里季生会長=28日午後、東京都内

 連合の神津里季生会長は28日、経団連が東京都内で開いた「労使フォーラム」で講演し、2020年春闘の交渉方針に関し「成果の配分を従来以上に強く打ち出す」と述べ、賃金の引き上げと格差是正を重視する考えを強調した。今春闘は賃上げの必要性で労使が一致する半面、経営側は業界横並びの対応から脱却したい意向を示している。労組側が歩調を合わせ、賃上げの勢いを維持し、裾野をどこまで広げられるかが焦点となる。

 今春闘では、自動車総連が前年に続きベア要求を掲げないなど産業別の統一要求を見直す動きが出ている。電機連合も条件付きで各社回答にばらつきが出ることを初めて容認した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加