来日後初練習で手袋をつけずに素手で打撃に取り組むオリックスのジョーンズ=28日、大阪市

 オリックス期待の新外国人、アダム・ジョーンズ外野手が28日、大阪市の球団施設で26日夜の来日後初めて練習した。時差ぼけは少しあるそうだが、新天地での始動に「新しいチームメートに会ったりして、学校の初日みたいでわくわくしている」と目を輝かせた。

 米大リーグ通算282本塁打の強打者は「バットを握る感覚を確かめたい」と手袋をつけずに素手で打撃練習に取り組んだ。通算449本塁打を放って米国野球殿堂入りした元同僚のウラジーミル・ゲレロ氏から教わった方法といい、しなやかなスイングを披露した。

 ゴールドグラブ賞4度の名手はボールの違いも入念に確認した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加