【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は26日付の状況報告で新型肺炎の危険性評価について、世界的には「並」としてきた表記が間違っていたとして「高い」と訂正した。評価の変化ではなく記載ミスだったとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加