今季の主将に決まったDF小林(一番手前)=24日、沖縄県の読谷村陸上競技場

 サッカー・J1サガン鳥栖は27日、今季の主将がDF小林祐三(34)に決まったと発表した。サッカー人生で初めて主将を務めるという小林は「自分だけでできることは限られる。全員が得意な部分を出し合い、チームが良い方向を向くようにしていきたい」と決意を表明した。副主将はMF原川力、GK高丘陽平が担う。

 小林は2017年にJ1横浜Mから加入し、今季で在籍4年目。安定した守備力に定評があるサイドバックで、ピンチ時のリスク管理にも優れる。昨季はリーグ戦16試合に出場した。

 小林を主将に選んだ金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「チームのために行動できるし、プレーでも引っ張れる。チーム一丸を促せる彼が適任」と信頼を寄せた。

 27日の練習後、取材に応じた小林は「今はすごくいい雰囲気で練習できており、自分は(主将として)何もしてない」と語った上で、「チームが苦しくなった時は、自分が一つ筋を通したい」と表情を引き締めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加