Jコインペイホームページのスクリーンショット

 佐賀共栄銀行(佐賀市、二宮洋二頭取)は27日、QRコード型のスマートフォン決済サービス「Jコインペイ」と連携を開始したと発表した。同行に普通預金口座(キャッシュカード発行済み)を持つ顧客が対象で、専用アプリをダウンロードして利用できる。

 Jコインペイはみずほフィナンシャルグループが提供するサービスで、全国の第1、第2地銀を中心に約90の金融機関が参加している。普通預金口座から無料でアプリに入出金(アプリへのチャージ、銀行口座への戻し)ができ、電話番号やQRコード、LINEのサービスなどを使って全ての利用者間の即時送金も無料で利用できる。

 同行では昨年12月のメルペイに続く導入で、担当者は「新たに使える機能があり、利用者の利便性を上げるのが狙い」と話す。

 今回のスマホ決済サービスは家電量販店のビックカメラ、ヤマダ電機、ベスト電器、エディオンや、コンビニエンスストアのファミリーマートなどで利用できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加