政府は27日、中国・武漢からチャーター機での帰国者には2週間程度、勤務先企業などを通じて自宅待機などの経過観察を求める方向で調整に入った。

このエントリーをはてなブックマークに追加