NIE実践校5校が本年度の取り組みを発表した実践報告会=佐賀市の佐賀新聞社

 学校教育に新聞を活用するNIE(教育に新聞を)の実践報告会が27日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれた。本年度の実践校5校が、学年や科目、学校の規模を問わず多様な学びに新聞を生かした実例を報告した。

 報告したのは、日本新聞協会と県NIE推進協議会(会長・貞包浩洋鍋島中校長)が本年度の実践校に指定している東川登小(武雄市)、五町田小(嬉野市)、塩田小(同)、大野原小(同)、三養基高(みやき町)の5校。

 このうち大野原小中学校の富永保教頭は、市街地から離れた小規模校ならではの課題意識から、子どものコミュニケーション能力や社会への興味・関心を高めようと取り組んだ。消防署への見学で学んだ内容を新聞にまとめる活動などを通して「社会への関心が深まり、文章構成や見出しの付け方を学ぶ契機になった」と紹介した。

 研修会は、県NIE推進協議会が昨年12月の公開授業に続いて開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加