佐賀学園

 大木 海人(おおき・かいと)県商業技術競技会・ビジネス情報部門で個人、団体の二冠を達成。資格取得や生徒会副会長も務め、「充実した高校生活だった」。九州情報大を志望。佐賀市兵庫南。(商業科)

 國廣 駿介(くにひろ・しゅんすけ)勉学と吹奏楽部の活動に励んだ。マーチング全国大会に3年連続で出場し、「自分の好きなことに熱中できた」。佐賀大経済学部に進む。佐賀市久保田町。(成穎高等部)

 小池 大和(こいけ・やまと)野球部主将。入学当初から活躍し、秋の県大会2連覇に貢献。JPアセット証券で競技を続け、「プロ入りを目指し、1年目から活躍する」と意気込む。佐賀市鍋島町。(普通科)

 杉本 侑花(すぎもと・ゆか)成績上位の学業と複数の検定取得、吹奏楽部の活動を両立した模範生。マーチング全国大会では銀賞に輝いた。佐賀銀行に就職し「地域に貢献したい」。太良町。(情報処理科)

 田中 利奈(たなか・りな)生徒会長。学園祭などの企画に主体的に携わり、「組織を動かす大変さとやりがいを感じた」。入国審査官の夢を目指し、久留米大法学部に進む。唐津市相知町。(普通科)

 野田 京聖(のだ・きょうせい)水泳1500メートル自由形で全国6位入賞し、学科トップの成績を収めて文武両道を実践した。寮長も務め、「人として成長できた」。鹿屋体大で競技を続ける。有田町。(普通科)

 村岡 航季(むらおか・こうき)バレーボール部主将。全国総体、全日本選手権への出場に貢献し、「技術だけでなく、人間力も磨けた」。日本大を受験し、競技を続ける予定。小城市三日月町。(普通科)

 

多久

 石井 雅都(いしい・まさと)春から陸上自衛隊の候補生として訓練に励む。東日本大震災で隊員の救助活動をテレビで見て進路を決めた。「励まし合える友だちができた」ことが一番の思い出。小城市小城町。

 稲吉 奈々(いなよし・なな)勉強とソフトテニス部を両立。佐賀豪雨で体育祭の練習に通えない時もあったが「仲間に支えられ、リーダーの責任を果たせた」と感謝する。トヨタ自動車に就職。武雄市北方町。

 江口 正太(えぐち・しょうた)「一つでも挑戦してやり遂げたかった」と文化祭の合唱で指揮を務めた。成績優秀でソフトテニス部でも活躍。システムエンジニアを目指し、久留米工業大に進む。小城市小城町。

 江口茉里奈(えぐち・まりな)ソフトテニス部主将。体育祭では副団長を務め「人前で考えを言える度胸がついた」。就職先のJFEスチール西日本製鉄所でも「頼られる存在になりたい」。多久市北多久町。

 樋口 結花(ひぐち・ゆか)到達高度を競うクライミングの日本ユース、アジアユース選手権で優勝。「自分の壁を破り、成長できた」。栄養学を学ぶため私立大の進学を目指し、競技を続ける。多久市東多久町。

 松本 円花(まつもと・まどか)施設での介護実習で「相手の目を見て笑顔で接する」対応を心掛け、介護の県コンテストで2年連続で入賞。西九州大社会福祉学科に進み、社会福祉士を目指す。多久市北多久町。

 諸石 侑門(もろいし・ゆうと)JRC(青少年赤十字)部のボランティア活動で幅広い年代の人と接し、10種類近い資格も取得した。戸上電機製作所に就職、「有言実行できる大人になる」。多久市北多久町。

このエントリーをはてなブックマークに追加