防護服を着て中国・武漢市内を歩く医療従事者=26日(AP=共同)

 安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法上の「指定感染症」に28日の閣議で指定する方針を示した。感染拡大の防止が狙いで、法に基づき患者の強制入院や就業制限ができるようになる。

 指定感染症は、生命や健康に深刻な被害を与える恐れのある緊急時に迅速な対応をするため指定する。中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)と同じ2類感染症と同等の措置が法改正を経ずに可能となる。

 首相は衆院予算委で、指定感染症への指定に関し「入院措置や公費による適切な医療などを可能とするため」などと理由を説明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加