天吹酒造新春蔵開きのチラシ

 みやき町東尾の天吹酒造(木下壮太郎社長)は31日から2月2日まで、九州で一番早いと言われる「新春蔵開き」を同酒造で開く。日本酒の試飲が楽しめるほか、酒造りの作業が続いている蔵内の見学もできる。

 酒ができる様子を知ってもらい、タンクから立ち上る香りを感じてもらうことで、より日本酒を好きになってもらおうとこの時期に開催している。

 1時間に1回実施する酒蔵案内では、発酵中の仕込みタンクから立ち上る香りを満喫できる。試飲(500円)では、約10銘柄から希望の3銘柄を選んで飲み比べることができる。近隣の作家らによる陶器やガラス製品、革細工などの展示会やワークショップ、軽食の販売なども行われる。

 入場無料。開催時間は午前10時~午後5時。問い合わせは同酒造、電話0942(89)2001。

このエントリーをはてなブックマークに追加