“ミスターサガン”が衰え知らずのスタミナをアピールした。チームは26日の練習でグラウンドを計8周する走り込みを敢行。ラスト一周でトップを走ったのは、今年35歳を迎えるMF高橋義だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加