“ミスターサガン”が衰え知らずのスタミナをアピールした。チームは26日の練習でグラウンドを計8周する走り込みを敢行。ラスト一周でトップを走ったのは、今年35歳を迎えるMF高橋義だった。 「まだまだ若手には負けない」と言わんばかりに、DF森下やMF松岡といった運動量自慢の選手の前を走った。